01 7月

2013~2014年度 下田ロータリー会長所信

国際ロータリー第2620地区 下田ロータリークラブ
2013~2014年度 会長 堀田正道

堀田 正道

堀田 正道

下田ロータリークラブは今年で創立53年を迎えます。歴史ある下田ロータリークラブ発展のため、先輩諸氏の教えを尊重し、新しいことに取り組みながら今年度の目標に沿って活動してまいります。微力ではありますが、下田ロータリークラブの新しい歴史と発展に少しでもお役にたてればと考えております。

1 2013-2014 国際ロータリーのテーマ

「ロータリーを実践し、みんなに豊かな人生を」

今年度のロンD・バートン会長は、「ロータリーの土台である中核的価値観、奉仕、親睦、多様性、高潔性、リーダーシップが、ロータリーアンとしての私たちを定義づけるもので、これらの価値観に従って生きること、ロータリーを真に実践し奉仕と価値観を日々に生かす決意をすること」と言われています。ロータリーの活動を通じ人生が豊かになることへのチャレンジをしていく、そのことが今年のテーマとなります。

2 地区目標

活動基盤強化
ロータリーのブランド強化
ITの積極的活用
ロータリー財団への寄付推進
「未来の夢計画」に基づく補助金事業の実施
RI会長賞への挑戦
ロータリーカード加入推進
地区職業奉仕セミナーの開催
米山記念奨学生支援
富士山世界文化遺産登録を祝して、社会奉仕事業
地区大会への参加
3 下田ロータリークラブ重点目標
■会員増強
…会員増強 純増1名以上
下田ロータリークラブの55周年、60周年に向けて、計画的に組織活性化、基盤強化行っていくために、会員増員が必要不可欠な状況にあります。メディアを通じての活動内容の発信でロータリーのブランド強化を図り、会員相互の情報を共有し、会員増につなげ、活動基盤を強化したいと考えております。

■ 例会内容の充実.
今年度も、例会内容、例会時間等を少し見直し、会員相互の親睦を深め、楽しく参加出来るような例会開催を考えております。また季節ごとに、通常例会以外の外部会場で地域の観光資源を生かした例会を行います。例会の席次については、SAAに相談検討しながら、多くの会員が交流機会を増やせるように考えていきます。

■未来の夢計画
…補助金事業計画の作成と実施
今年度と来年度の継続になる事業を計画し、実施に向け進行してまいります。

■ 国際親善
台湾新荘RCとの姉妹提携が、昨年で30年を迎えました。両国間の国際親善の一助になるように、共同でできる事業を検討するなど、両クラブの関係を継続発展させていくように考えております。

国際ロータリーの今年度テーマ、クラブ地区目標、重点目標を実施していくために関係各委員長、各会員・ご家族皆様のご支援ご協力をお願い申し上げます。